パナソニックのLED照明ってどうなんでしょう?

いろいろなLED照明を販売している企業がありますね。
パナソニックや東芝など、どこを選べばいいのかわかりません。
調べてるうちにとりあえずパナソニックのことをまとめてみることにしました。

何とパナソニックは六つも品質のチェックポイントがあるみたいなんです!

1地震に強くするために、耐震試験を実施している!

LED照明が強い地震で落ちてきたら怖いですよね。激し揺れも影響受けないように
耐震性能は大事です。そこで二つの耐震試験を実施!どちらも良好な実験結果で
照明が落ちてくるようなことは全くなかったようです。安心ですねぇ。

2雷がおちて照明が故障することはないの?

こちらも実験を行っているようです!なんと国際基準の約3.75倍もの耐久性があるとか!
繰り返し雷のような電圧不可をかけるテストを繰り返して、雷に対応できることが証明されています。これを耐震サージ性能というようです。

3長寿命が実現されている!

長く使ううちに空気中の少量のガスが影響して光源が劣化することがあるみたいなんです。
パナソニックはそんな劣化に対応した素材を採用していて、ここでも実験済み!
ガス腐食試験なんて初めて聞きました。さすがトップメーカーですよね。

4外で使うときは暴風雨にさらされるけどどうなんだ!?

日本は毎年台風がすごいですよね。最近ではゲリラ豪雨なんてのも。
LED照明は外でも使うので日本で雨風に強くないとダメだと思います。
耐水/耐風速試験を実施しているそうです!水を当てたり、ものすごい強い風のなかで
水を吹き付けたり大変な実験ですねぇ。

5照明からノイズが出るってしってました?

なんと照明からノイズが出てるらしいです。それがラジオとかに影響するとか。
全然しりませんでした。そんな細かいとこまで気にしてるなんて!!
しかも検査して独自基準をクリアしてるなんてどこまですごいのでしょうか。

6同じ光束なのにほかより明るさが強いみたいです

LED照明にはガイドラインが無い状態だったのですが、2010年に日本照明器具工業会が
性能表示のガイドラインを制定したそうです。パナソニックはもちろんそのガイドラインに沿って
性能表示をしています。

このようにパナソニックのLED照明はたくさんの実験を行っていて
非常に信頼感の高い商品となっているようです。